精力増強の食事療法について

精力が衰えるにつれて、男性ホルモンの分泌量も減っています。男性ホルモンの分泌量を増やすには、男性ホルモンを体内で生成することが必要です。食べ物などには男性ホルモンは含まれていませんので、男性ホルモンの原料になる食べものを食べるというのが、合理的な方法です。

つまり、偏った食生活であるのなら、食生活を直す食事療法が必要です。

♣亜鉛

精力・勃起力の回復を目指す男性にはぜひ摂ってもらいたい栄養素の1つに亜鉛があります。

亜鉛は、精に関する必須ミネラルです。男性に限らず女性にも必要なミネラルであり、人間の体内では生成することができません。亜鉛が不足することで、男性であれば精子の生成がおこなわれにくくなります。これらのことからアメリカでは亜鉛をセックスミネラルと呼ばれています。

実験において、被験者の男性に亜鉛が含まれていない食事のみを与えた場合、半分以上の男性が勃起不全になりました。もちろん、亜鉛の摂取を再開したところ勃起不全が改善しています。それほど、亜鉛は精力に関係のあるミネラルなのです。

亜鉛を多く含んだ食品は牡蠣などがあります。他には血流促進効果が認められているシトルリン、そしてシトルリンと同時摂取で相乗効果を発揮するアルギニンは精液の80%を占める成分です。

♣ビタミンB群

その他に必要な栄養としては、ビタミンB群などがあります。

ただ、デメリットとして、これらの食べ物から精力回復に必要な栄養素を安定して摂取しようとしますと、毎日同じものを食べ続けなければならなくなります。

さらに、亜鉛やシトルリン・アルギニンが含まれる食品のみを食べるだけでは効果は全開ではありません。

つまり中高年の精力・勃起力回復には、亜鉛やシトルリン・アルギニンが含まれている食品を食べつつ、いつも通りの健康的な栄養バランスのとれている食生活を継続しなければならないのです。

つまり、「量に関しても大量に食べなければならない」という事です。ですので、食生活の改善だけで精力を回復させようというのは、現実的ではありません。そして何より、改善効果が出てくるまでの時間が、薬などと比べるとかなり時間がかかってしまいます。